安心してレッスンに参加いただくために、私が実施していること 5つの工夫

ハープのレッスンに参加していただきありがとうございます。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が広がる中、皆さまも不安に感じていらっしゃることでしょう。こんな時だからこそ、ハープを弾いて、穏やかな気持ちで過ごしていきたいですね。

安心してレッスンに参加いただけるように、私なりの対策をご紹介します。

  1. 玄関とレッスン室のドアノブは、アルコール除菌と次亜塩素酸ナトリウム希釈液でふき取りをしています。
  2. レッスンの前後に手指のアルコール消毒を行えるように、アルコール系のウェットティシュとアルコールスプレーを用意しました。アルコールが苦手な方は、洗面所で石鹸による手洗いをどうぞ。
  3. 当面、マスクをしてレッスンさせていただきます。
  4. レッスン入れ替え毎に、部屋の窓を開けて空気の入れ替えをします。
  5. レッスン後のハープはマイクロクロスで拭き上げます。

「え~、面倒くさい。こんなにしてまでハープやらなくてもイイ」なんて思わないでくださいね。ちょっと工夫すれば、いつも通り音楽を楽しめるのです。

アルコール消毒液は、2本で12,000円で購入しました。「エ~~!?」と思っても、必要なのでこれは確保。

マスクは妹が送ってくれました。

参加予定だったワークショップは、自分が感染源となって広めてはいけないので自粛しました。

楽器のアルコール消毒は、塗料などに影響があるのでご勘弁を。

 

Follow me!